News

日々のこと

プレゼンテーション

ひるがの高原のゲストハウス計画。

 

広大な敷地をどのように捉えて、建物をどういう形で接地させていくのか?

 

いろんなアプローチを考えてみたけれど、最初に現地を訪れたときに感じた直感を信じて良かった、素直で爽快な建築をご提案できたと思います。

 

静かな眼差しですっと受け入れて頂いて、なんとその場でゴーサイン。

オーナー様の豪快さ、気持ち良すぎました。

そして、豪快すぎるスケジュールもいよいよ現実味を帯びて、、、

 

ご協力いただくみなさんと上手に手を取り合って頑張っていきたいです!

 

nobuyoshi hayashi