News

現場のこと

ひるがの高原 ゲストハウス

ひるがの高原ゲストハウス現場です。

今月初めに三日がかりの建て方を無事終え、今は大工さんが床の下地づくりに奮闘中。

 

宙に浮かぶようなメインスペースには周囲360°ぐるりと鋼製サッシが配置され、近くのひるがの高原の豊かな風景はもちろん、遠くの大日ヶ岳から白山国立公園へとつづく山々の雄大な稜線を大パノラマで望むことができます。

 

現地の監督さんや職人さんもこんな建築は初めてということで初めは不安もありましたが、臆することなく精一杯真摯に取り組んで頂いています。図らずもよいご縁に恵まれ、良いチームで仕事をさせていただけていることに感謝。

 

nobuyoshi hayashi

現場のこと

ひるがの高原 ゲストハウス

 

今日は朝一、ひるがの高原ゲストハウスの鉄骨製品検査へ。

 

大きな工場の中にゴロゴロと置かれた加工済みの柱や梁、何度経験してもワクワク童心にかえってしまう風景です。

 

来週はいよいよ建て方。現地泊まり込みでの3日間の戦いとのこと、期待大です!

 

nobuyoshi hayashi

 

現場のこと

桐ヶ丘の家 上棟

桐ヶ丘の家 上棟しました。

 

少し雨に降られてしまいましたが、無事最後まで作業を終えることができました。

高台に建つこのお住まいの特徴となる大きな開口からは、遠くに広がる街の景色と大きな空を望むことができます。コンパクトながら、伸びやかで気持ちの良い生活を過ごしていただけそう。

 

棟梁から最後に頂いた“最後まで精一杯頑張って造らせていただきます。”の一言、静かに感動しました。今回も本当に良いご縁に感謝、ありがとうございます!

 

nobuyoshi hayashi

現場のこと

安城の家2 上棟

先週の事ですが、安城の家2も無事上棟しました

遠景まで開けた長閑な風景に相応しく、高さを抑えた方形屋根を持つお住まいです

お施主様から頂いた”すでにかっこいい”の言葉通り、整った平面計画と四方を取り囲む深い軒の様子は圧巻です

準備工から養生等一まで、隅々まで目の行き届いた現場に支えられながら完成を目指します!

hiroshi kaito

現場のこと

住吉町の家 上棟

住吉町の家も先日上棟しました。

 

コンパクトですが、少しだけ変わったことをしているお住まいです。

建物に対して斜めに挿入した一枚の壁によって内と外とが上手に関係し合い、一つの空間に心地よいリズムと奥行を作り出してくれればと、、、豊かさはほんのささいなことで十分につくりだすことができるんだとそう改めて感じさせてもらえました。

 

エネルギー満ち溢れる若い大工さんとの出会いもありがたく、こちらも今後がとても楽しみです。

 

nobuyoshi hayashi